釜飯パーティー

実家にて、姉一家も一緒に釜飯パーティーをしました。
パーティーというか、釜寅さんの出前をみんなでおいしく頂いた、という話ですけれども。
事の流れはこうです(↓)。


  • 姉&甥っ子が、夏休み恒例(というか、しょっちゅうですが)の
    実家へのお泊りを計画
  • 私へ、初日の夕食に参加できるか連絡あり
  • 「暗くなってからだと団地内の通路での虫遭遇率が上がるから
    翌日の昼にそっち行くわ〜、
    お母さんにも、私が行く分にはごちそうじゃなくてOKって言っといて〜」
  • 母から、翌日昼に釜飯パーティー&義兄も参加できるとの連絡あり




母は、以前、私の誕生祝いとして食べた釜飯(↑)がとても気に入っていたようで、
機会があれば、また利用したいと思っていたようです。
一度は食べた私たちも、初めて食べる姉一家も、
おいしさのあまりほとんど無言でもりもりと夢中になって食べていました。
お焦げがまた、おいしいのよねぇ〜。もぎゅもぎゅ。

ごはんの後は、甥っ子のピアノの発表会のDVDを鑑賞しました。
ちっちゃい子たちから大きいおねえさん&おにいさんも所属している教室なので、
可愛らしい様子に和んだり
「この子、もう、プロっぽいね……!」と驚かされたりして、おもしろかったなぁ。
甥っ子も、途中で一旦止まってしまったけれどすぐに持ち直して堂々と弾いていて、
えらいなぁ、すごいなぁ、とみんなで褒めちぎっていました。

そうそう、昔、私はピアノの教本を姉と共有していた、というか
私が姉のおさがりをそのまま使っていたのですが、
甥っ子がさらにそれを使うことになったそうです。
具体的には、ブルグミュラーとか、そのあたり。
ていうか、そうか、姉はちゃんと教本を取っておいたのだなぁ。
「えっ、あれ使うんだ!? てか、まだあったんだ!?」
と二段階で驚いてしまいました。わはは。

その後は、甥っ子が持ってきていた人生ゲームを
姉一家と私の4人で楽しくプレイ。
私はこないだの甥っ子の誕生祝いの時以来ですが、
姉一家はあれからしょっちゅうプレイしているようで、
またまた義兄がGM的にいろいろと取り仕切ってくれて頼りになりました。

ちなみに、前回の初プレイ時の私は
「医師になり、のちに医院長に昇格。
 それなりに財も築くが、晩年は地域の発展のために貢献」
といった感じだったのですが、今回は
「パティシエとなるが比較的若い頃にその道をあきらめる(?)。
 フリーターのわりには収入に恵まれるが、晩年に手持ちをはたいて火星へ移住」
という人生を送りました。謎だわ。

ところで、この人生ゲーム、家を購入するとゴール後に
購入資金の2倍のお金が戻ってくるというシステムなのですが、
これってあまりにも現実に即してなくないですか?
土地そのものならともかく、家とか建物って、
基本的には完成した瞬間から値が下がり始めるものじゃないの?
そのあたり、ちょっと不思議です。

まぁ、それはともかく、楽しいひと時を過ごせてよかったです。
甥っ子に人生ゲームをプレゼントした母も、
「あんなに喜んで遊んでくれるなんて思ってなかった〜」
とうれしそうでした。よかったよかった。

Category

Archives


Profile

prof.jpg
桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
→ 本館サイト「花楽紗【KARAKUSA】」