▼目次/カテゴリ「エンタメ」の記事リスト(10件ずつ表示)

▼カテゴリ「エンタメ」の記事一覧(10件ずつ表示)

先日の「発表!全るーみっくアニメ大投票」、楽しかったですねー!
追っかけ再生&録画を細切れに視聴するなどして
やっと今、ラストまで見届けたところです。

実は私は、るーみっく作品にはあんまり詳しくはなくて、
原作もアニメも、全話をしっかり見たり読んだりしたものは
たぶん1つもないのですよね。

いちばん印象に残っているのは
シュラトと同時期だった「らんま1/2」ですが、
あれも枠が移動してからは、見たような見ていないような……。
というか、東海地方ではやらなかったんだっけ?
当時、身近ではけっこうな騒ぎになった気がします。

「うる星やつら」は、
父がTVの視聴を厳しく制限していた頃と
放映時期が被っているので、
アニメ本編はあんまり記憶に残っていないのでした。
でも、友人がファミコンのゲームを持っていて、
縦スクロールのアクションゲーだったのですが、
そのステージ曲があのOPアレンジだったのですよね。
だから、思い出されるメロディーはピコピコ音だったりします。

「めぞん一刻」は完全にノータッチでしたが、
クラスにすごいファンの子がいて、
よくノートに響子さんを描いていたなぁ。
好きだったんだろうなぁ。

「犬夜叉」は、最初のTVシリーズは姉と一緒に楽しんでいました。
「境界のRINNE」は、気になりつつも触れる機会がないまま
今まで来てしまっていて、……。

あっ、でも、「人魚の森」は、その昔、
近所の薄暗い古本屋さんで立ち読みをした覚えがあります。
「この人、こういう漫画も描くんだ」
と、子ども心にちょっと驚いたものでした。
ちょっと怖かったんだよね、あれ。

……と、個人的な思い出も振り返りつつ、
スタジオの盛り上がりも楽しみつつ、
はぁ、いい番組でしたねぇ。

そして、この手の番組でおなじみのゲストとなっている
藤津さんの解説が、これまたとても興味深かったです。
「うる星やつらでは、
 ラムが当たるを追いかける、タテのベクトルで、
 らんまは、乱馬とあかねがぶつかり合う関係、
 犬夜叉は、犬夜叉とかごめが並んでいる」
といったコメント(上記は超要約)に、
おお〜、ほぉ〜! って感じで、
いやー、おもしろかった!

この「大投票」シリーズ(勝手に命名)、
次は何をやるのかな。
楽しみに待っています、わくわく!

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
今日のスタプリ、いいお話だったねぇ。
ララ、よかったねぇ。

メインヒロインのひかるが
個性は強いものの実際はかなりしっかりした子で
わりと完成しちゃっているタイプな分、
ララの成長や変化が丁寧に描かれていて、
ここまで積み上げてきたものがぶわっと響いてきました。
いい子だなぁ、クラスのみんなもいい子だなぁ。

と、じんわり余韻に浸っていたけれど、
こういう個々のエピソードのまとめに入ってきたということは
もうそろそろお別れも近いってことだよね、
この作品や、みんなとの……。

ニチアサとはもう長いお付き合いだけれど、
毎年のことだけれど、
それでもやっぱり、淋しくなります。はぁ……。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
11091.jpg

11092.jpg

11093.jpg

「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」に行ってきましたよ。
思っていたよりも硬派というか
「資料館の素晴らしさとスタッフの熱い想い」
に焦点を当てた展示会で、
どちらかというと対象年齢は高めなのかな?

撮影OKエリアでは、実写映画で使用されたドレスや小道具などを
間近で見ることができて、とても楽しかったです。
「美女と野獣」、すごくよかったよねぇ。

このところ、世界でも日本でも
火災などで大切な建造物その他が失われることがちょくちょくあるけれど、
貴重な資料はこの先もずっと守られていってほしいなぁ、
と思いました。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
BSプレミアムにて放映の「令和元年版 怪談牡丹燈籠」を鑑賞。
全4話の連続ドラマでした。
あんまり怖かったりキモチワルイ描写があったりしたら
あきらめてすぐにやめよう、と思っていたのですが、
大丈夫でした!
あっ、でも、
「いちばん怖いのは幽霊じゃなくて人間」
というのも強く感じたなぁ……。

「牡丹燈籠」については、
はるか昔にピアノの教室で順番待ちをしている時に読んだ
魔夜峰央版(? パタリロのコミックスに同時収録されていた)を読んだだけで、
実は詳しいことはよく知らないままでした。

今回のドラマ版がきっかけで、有名な(?)
「男のもとに、幽霊になった女が毎晩訪ねてくる」
というのはほんの序盤のエピソードで、
全体としては敵討ちの物語だということを初めて知りました。
そうだったのかー!

そして、見終えてから少しググってさらに知ったのですが、
今回のドラマ版でも、終盤はかなり端折っているみたいです。
そうか、もう、完璧に、孝助が主人公の「因果応報譚」なのね。

このお話には悪い人間もたくさん登場するけれど、
彼らのそんなところがリアリティにも繋がっているし
それぞれに報いを受けたりしているし、
後味の悪さとかはなくて、最後は
「孝助……、がんばったね……」
という気持ちになりました。

ああ、でも、あのラストの微笑みは
安堵なのか疲労なのか達成感なのか……。
その後の彼が平穏に生きてくれているといいのだけれども、
原作の設定だと、その後もしばらく引きずりそうだよなぁ……。
でもでも、いいドラマでした。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
清須会議 スタンダード・エディション [DVD]だいぶ前に録ったまま寝かせてしまっていた「清須会議」を
ようやく鑑賞しました。
原作・脚本・監督が三谷さんの作品です。

私の歴史についての知識は相変わらず浅はかな上に、
「真田丸」と同時代の出来事で
かつ、役者さん方もそれとは別役で多数参加されていたりもするので、
誰が誰だか把握するまで少し混乱したりもしましたが、
いやー、おもしろかったなぁ!

でも、最後の最後に強く印象に残ったのは、
女たちのしたたかさ。

ちょっと前までは、
昔の、特に戦国時代のあたりまでの日本の女性って、
身分が高ければ高いほど自由に生きられなかった、
可哀想だった、
というざっくりとしたイメージがありました。

だけど、不自由な部分も多かっただろうけれど、
自分や子どもや家族のために
頭を使って、状況を見極めて、
たくましく生きていたのかもしれないな、って。

あ、うーん、でも、
「したたか」とか「たくましい」とかよりも
この感覚は「怖い」の方が的確なのかな。

あっ、それから、この前週だったかにTVでやっていた
「ステキな金縛り」も久しぶりに見たのですが、
六兵衛さん、この「清須会議」にも出ていたのですね!
妙にうれしくて「あ〜!」と笑ってしまいました。わはは。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
「映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」、
やっと見に行ってきましたよー!
今回もだーだー泣いてしまった……。
いいお話だったねぇ、ほろり……。

もうそろそろ、ネタバレとかは気にしなくてもいいかな?
ストーリーはシンプルで
だいたいは予告で流れているとおりなのですが、
ララとユーマに焦点を当てて
この2人(?)の変化や成長が
丁寧に優しく描かれています。
ララの触覚とユーマの、……、
あれは耳なのか手なのか、
とにかく、手をつないだり触れ合ったりする
何気ないシーンとかが、ほんとうにすごくよかったなぁ。

TVの方でも、ララの故郷に行った時のエピソードで
ララの触覚をひかるが手でそっと包み込むシーンがあって、
もう、めちゃくちゃツボだったのですが、
いやー、ああいうの、好きだわぁ〜。

ユーマが、色とか動きとか、
予想していた以上に可愛くて、楽しかったです。
言葉を持たず、音楽や歌が好きで、
顔というか表情もころころ変わって、
ララともどんどん仲良しになって、
でも、ずっと一緒にはいられなくて……。

映画のテーマソングをTVの方でもEDとかでしばらく流すのって、
映画を鑑賞する時にも
耳が慣れている分、落ち着いてじっくり味わえて、いいですね。
完全に新規の、知らない曲だったりすると、
それはそれで楽しさもあるけれど
映像と音声のどちらもしっかり楽しもうとするあまり
どちらにも集中できない、みたいな結果になることがあるので
(自分は……、不器用ですから……)、
あらかじめ軽く予習をしておくの、有効だわ。いい!

……というのを、あの歌唱シーンで強く思ったのでした。
すごくよかったです。

ユーマが最後に見せた、人間態のあの姿、
髪型がミルキー&スターで
何だかきゅーんとしてしまいました。
可愛いのと、うれしいのと、切ないのとで。

私が見に行った回ではお客さんもまばらだったけれど、
少し離れた席にいたちびっこが
一生懸命ライトを振っていて、
毎年目にする光景ながらも微笑ましかったです。
いやぁ、いい映画でした。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
アルスラーン戦記(10) (講談社コミックス)「アルスラーン戦記(10)」を読みました。
今回、アルスラーンの出番は少なかったけれど
その分、新キャラが増えたり周囲で動きがあったりして、
着々と舞台が整っていくのを感じます。

新キャラもいっぺんにいろいろ出てきて、
相変わらず細かいことは忘れている私ですが、
メルレインにはキャッキャしてしまいました。
好きなんですよね、彼。

あと、ナルサスの(負の方向の)画力が
この荒川版ではちょくちょく活躍(?)していて、
それも楽しいです。ぶふっ。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
先日録っておいた、NHKスーパープレミアムの「八つ墓村」を鑑賞。
金田一シリーズ第3弾の、吉岡秀隆主演のドラマです。

これも、前作の「悪魔が来りて笛を吹く」と同様に、
タイトルだけは知っていたものの
その中身だけはよく知らないままでいたのですが、
なるほど、こういうお話だったのねぇ。

小さい頃から金田一シリーズ(の映像作品)に感じていた
おどろおどろしさ&エロさが
ここでもしっかり発揮されていたように思います。
この薄暗い感じが、ほんとうに、もう……。

人がたくさん死んでしまったものの、
ラストはちょっと明るい感じで、ちょっとほっとしました。

ところで、さっき内容を復習しようとwikiを見ていたのですが、
この「八つ墓村」って、登場人物の多さと関係の複雑さから
映像作品ではどれも大なり小なりのアレンジが加えられているのだとか。
へーえええー、そうなんだ〜!
おもしろいなぁ、そういうの。
尺とか予算の都合もあるんだろうけれど、
作り手の個性が出そうで、いいよね。
機会があったら、他のドラマや映画も見てみたいです。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
鬼灯の冷徹(29) (モーニング KC)「鬼灯の冷徹(29)」を読みました。
スカーレットの過去がけっこう重くてちょっと驚いたけれど
本人の強さ(&人の良さ)も改めて感じさせられたり、
芥子ちゃんと信楽太夫が仲良さげでほっこりしたり、
今回も読み応えがあったなぁ〜。

ところで、これ、もうすぐ連載終了しちゃうんだよね。
こち亀とかサザエさんとかドラえもんみたいに
いつまでもずーっと続きそうだと勝手に思っていたけれど、
そうかぁ、ちょっと淋しいなぁ。
でも、作者さんがそうと決めたことなら
こちらも笑顔で最後まで見届けようと思います。

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP
進撃の巨人(29) (講談社コミックス)「進撃の巨人(29)」を読みました。
いやー……、これ、もう、どうなっちゃうの……。
いや、実は最新話の情報も並行して追ってはいるので
どうなるのかほんのりと把握もしているのですが、
はああああ……、って感じですよ……。

兎にも角にも、すごいお話だよね、これ。
こんな物語やキャラクターを思い付いた上に、
赤の他人である私にも楽しめるように
漫画にして世に送り出してくださって、
諌山先生にはもう、感謝しかないです。

ところで私は、イェレナさんがどうにも怖くてねぇ……。
まだまだ、もっと、何か裏があるのではないかと
心配でたまらないよ。
「エレンとジークを助けて下さい
 信じてますよアルミン」
の直前の般若顔が怖すぎて、夢に出そうです。

あと、前からずっとそうだけれど、
巻末の嘘予告が唯一の癒しになっているよね。
うっうっ(涙)……。

……と思っていたけれど、いや、違うわ、
今回はファルコ&ガビの可愛いシーンがあったんだった!
ファルコ偉いよ、よく言った!
ガビも、ちゃんと相手の気持ちがわかる、
優しい子だったんだね。うっうっ(涙)。

そして、ますます、いよいよ、
風呂敷が畳まれつつあるのを感じつつ、
おとなしく次巻を待ちます。はぁはぁ!

Thanks for

visiting!

CM(0) | エンタメ | EDIT | TOP