歯列矯正メモ・62(定期検診)

定期検診、無事終了〜。
歯医者さんの他にも病院に行ったり美容院に行ったり
大忙しな休日でした。ちょっと疲れた。
そんなこんなで、メニューはこちら。

  • 右下のワイヤーの飛び出しの件(前回メモ参照)をお伝えすると、
     すぐに直してもらえました。
     以後、今のところは大丈夫みたい。
     ……でも、いつも、当日は気付かないんだよね。どっきどき。
  • 最初のチェックの時、先生が
     「ふ〜〜〜〜ん………、う〜〜〜〜ん?」と
     納得半分、不満半分、みたいなため息を漏らしていたのが気になる〜。
  • 上のワイヤーを一旦外した後、先生によるダイナミックなブラッシング。
  • 上のワイヤーは、今回もまたキツめに締められました。
  • ゴム掛け(エラスティック)はしばらくおやすみ。
     歯がこの状態で安定しているかどうかを確認する、とのこと。


ここ最近はいつも、先生がワイヤーをキツめに締めて
「痛くないですか? 大丈夫ですか?」
と聞いてきても、少なくともその場では
全く全然平気なことがほとんどだったのですが、
今日は違ったね。
もう、右の犬歯のあたりに、直後からじわじわと痛みがきています。
ていうか、時間がたつほどに痛みが増してきてるよ!
何これ何これ、イダイヨー! イダダダダ!
あー、久しぶりだ、この感覚。うおー(泣)。
しかも、痛みが、犬歯だけじゃなくて、
11時から2時の方角まで広がってきてるよー。
今日明日とおやすみの日でよかった、と思う一方で
せっかくのおやすみを、この痛みとともに過ごすのか、
と憂鬱な気持ちにもなったり……ボエ〜……。
まぁ、2、3日で治まるとは思うのだけれども。

上の歯列の裏側は
気付けばいろいろと頑丈な何かが張り巡らされていて、
拘束具! って感じになっています。
(目で見て確認したのではなくて、舌でさわってみた印象だけですが)
ぎっちりがっちり、複雑になっていて、
ごはんの時の、引っかかりやすさ&引っかかりやすいものが
これまでとはまた変化した感じ。
でも、今日の夜ごはんを食べた時は、とにかく痛みが大きくて、
しっかり噛めないまま飲み込む状態になってしまいました。
歯が痛いと苦労するなぁ……。

k62-1.jpg

k62-2.jpg

そうそう、下の歯の、前歯と隣りの歯との重なりが
やっぱりまだ変化が見られない件についても相談したのですよ。
そうしたら、
「ここも、もうそろそろ効果が出てくるはずなので、
 そうでなければ、また次回、
 さらにキツく締めて様子を見ましょう」
とのことでした。そうかぁ。

やー、それにしても、
ゴム掛けから解放されるっていうのはうれしいね!
大した手間じゃないし、すぐ慣れるけれど、
しなくてよくなった途端に
「ああ、面倒だったんだな、けっこう……」
と思ってしまいます。
大人の私でもこうだから、
まだ小さいうちから矯正がんばってる子はえらいなぁ。

ところで、次回の検診もまた3週間後ですって。
ここ最近の定期検診の間隔の変化、
もしかして、ほんとにほんとに最終段階? そわそわ〜。

"歯列矯正メモ・62(定期検診)" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。