自宅から最寄り駅までの道の途中に、
昭和の時代で時が止まったままのような
小ぢんまりとした靴屋さん……、
というか「履物屋さん」といった風情の商店がありました。

私が朝と帰りに通りかかる時は
シャッターが降りたままなのがほとんどで、
たまに開いている時は
並べられたサンダルや子ども用の靴のレトロ感に
いつも懐かしさを感じていました。

が、先週末、
朝から小振りの重機がお店の脇で待機しているのを発見。
シャッターが開いた状態のお店は
私にとっては久しぶりだったのですが、
「店ジマイ 半ガク」の貼り紙に気付いて
「おお、そうかぁ……」
と勝手にしみじみとしてしまいました。

そして、今朝。
そのお店があった場所は、すっかり更地になっていました。
うわー、もう、なぁんにもなーい!
解体業者さん、仕事はやーい!
まぁ、お店の奥の自宅スペースを合わせても
広さとしては大したことがないけれど、
なくなるのはあっという間なんだなぁ……。

一度も入ったことのないお店だけれど、
私がこの地に引っ越してきてからずーっと変わらずに存在していたので、
やっぱりちょっとだけ、淋しい気持ちです。

"更地"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。